商品紹介

紫色の模様がとても個性的な花豆

新潟県魚沼花豆

 

紫色の模様がとても個性的な花豆

まるで絵筆で描いたような模様の花豆。正式名称は「べにばないんげん」。名前の通り、インゲン豆とは遠い親戚関係にあり、日本には江戸時代末期に伝来したと言われています。

花豆にはカルシウム・ビタミン・食物繊維が多く含まれていたり、ほうれん草の3倍近くの鉄分が入っていたりと現代人に不足しがちな栄養素が詰まっています。また、料理の際に出てきた煮汁は捨てずに利用すると栄養を余すことなく取り入れることができます。

 

高原花豆

内容量 200g

¥800(税抜)

※内容は、時期・出荷状況により変動します。
※価格変動する場合があります。
※出荷状況により、欠品の場合もございますのでご了承ください。
※詳しくはお問い合わせください。

 

 

タグから探す