商品紹介

しっとり・ほくほく。さつまいもは品種で違う食感を持つ

曽野木地区豊栄地区両川地区さつまいもしるきーも小千谷紅うらら紅きらら

 

しっとり・ほくほく。さつまいもは品種で違う食感を持つ

10月に収穫の時期を迎えるさつまいも。収穫してから出荷されるまでに、寝かせることででんぷん質が糖分に変わり甘さが一層強くなります。寒さの増す時期のマーケットには、様々な品種の熟成されたさつまいもたちが並びます。

 

 

「紅はるか」や「安納芋」はしっとりとした食感と甘さを持ち、反対にホクホク系が好きな方には「紅あずま」や「紅こうけ」などの品種がおすすめ。しっとり系のシルクスイートは新潟市北区では特産化の取り組みが盛んで、「しるきーも」と命名されました。

 

 

 

小千谷からは、珍しいオレンジ色のさつまいも「紅きらら」さらにオレンジ色の濃い「紅うらら」が出荷されています。新潟市内での栽培は少ない品種で、甘みが強く色があざやかです。他の料理に色がうつることもなく、彩りに取り入れるなど食卓を華やかにしてくれます。

スイートポテトなどのお菓子づくりに用いたり、焼き芋やふかし芋でそれぞれの違いを食べ比べたり…。お好みの品種を探してみるのも食欲の秋の楽しみ方のひとつかもしれません。

 

 

 

さつまいも

出荷時期:10月~3月
栽培地域:豊栄地区、曽野木地区、両川地区、小千谷

 

※内容は、時期・出荷状況により変動します。
※価格変動する場合があります。
※出荷状況により、欠品中の場合もございますのでご了承ください。
※詳しくはお問い合わせください。

タグから探す